人の見た目年齢に一番影響するのは肌?骨格の変化も恐ろしい

今回は、人の見た目年齢についてのお話となります。

見た目年齢といえば、肌のしわやくすみ、しみといったものを思い浮かべると思います。

確かにこれらは老けてみえる一番の原因なのですが、

意外と知られていないのが骨格の変化です。

骨格の変化も皮膚の老化と同じくらい見た目年齢に影響を与えます。

 

人は猿のネオテニーで説明したように、人は成人になっても緩やかに骨格が変化し続け、

特に頭や顔の骨はかなり変化します。

 

 

肌が綺麗でも年齢を感じさせる理由

この写真をご覧ください。

「赤須 玲子」の画像検索結果

 

この方いくつだと思いますか?

この方は美容皮膚科の医師なので、さすがに皮膚は綺麗ですね。

肌だけ見ると20代といわれても驚かないかもしれません。

でも失礼ながら・・年齢は20代には・・・見えませんよね?

ではどうして肌が綺麗なのに歳をとってみえるのでしょう?

 

彼女のこの部分に注目してください。

maxresdefault

目の上の骨、「眼窩」という部分ですね。

ここ飛び出てきて、こめかみと眼がこけて見えるのが老化の特徴となります。

たったこれだけのことなのに、どんなに肌が綺麗でも50歳くらいに見えてしまうわけです。

老人の多くにこの形が見られます。

(ここの骨が発達しないタイプの方もいます。おそらく2割くらい)

ここの骨が若者とおなじだったら、この先生は多分30歳くらいには見えると思います。

 

なぜ骨が出てくるのか?

説明するために、人は猿のネオテニーから写真を持ってきましょう。

saru2akuro2

あっ・・・・・

一目瞭然、もう説明要らないですよね・・・

骨が出る理由を詳しく知りたい方は、人は猿のネオテニー の記事を読んでください。

はしょっていえば、個人差はあれ、人はゆるやかにチンパンジー化していくということです。

 

赤ちゃんでここの骨が最初から出ている人は一人もいません。調べてみてください。

「赤ちゃん」の画像検索結果「赤ちゃん」の画像検索結果「赤ちゃん」の画像検索結果

「赤ちゃん」の画像検索結果「赤ちゃん」の画像検索結果「赤ちゃん」の画像検索結果

 

なぜなら、ここは遺伝とか美形とかブスとかとはあまり関係ない骨だからです。

この骨は必ず成長にともなって後から出てくるのです。

(骨の出方には遺伝の影響はあるでしょう。)

 

どうでしょうか?これでもまだ「成長期が過ぎたら顔は変わらない!」と言い切れるでしょうか?

人体については現代の科学でも分かっていないことばかりです。

常識にとらわれて本当のことが見えなくなっている方は注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です