カラダがダメだと何を着てもダメ!

ファッションって面白いですよね。

着るものによって印象をガラっと変えることもできます。

しかし何を着てもダメな人や、何を着ても似合う人もいたり。

そんなファッションの秘密について考えていきましょう!

 

デブは何を着ても似合わない!

ファッションにはデブ隠しのものもあることはありますけど、

基本的にはスタイルが良い人をもっとよく見せるためのものがほとんど。

つまり、デブの時点でほとんどのファッションがNGになってしまいます。

何を着ても似合わないから選択肢が狭くなり、どうでもよくなってしまう悪循環。

  

カラダのスペックが高いと服まで輝いて見える!

逆にスタイルがいいと?
nanbara

みてください。マネーの虎で有名な南原社長。

この写真は御歳56歳になります。

一度年商100億になり、不運から会社が倒産寸前になったものの、そこからもう一度年商100億に戻した凄い人。

しかも業種も前と違うことに挑戦しつつ、たった5年で戻したという・・

本当に凄いしかっこいいですね~。

 

そんな南原さんの記事から紹介したいと思います。
健全なる精神は健全なる肉体に宿る/実業家 南原竜樹

元ネタはこちらの記事になります。。

この記事からちょっと引用します・・太字にした部分何度も読んでみてください。

僕なんかZARAの5,000円のジャケットを着ているけど、これヴィトンですか?なんて言われるし。

ZARAって普通僕らの歳の人って着られないんですよ。何でかって言うと、青年のようなスタイルじゃないと着られないから。

やっぱり社員と対応していて鼻毛のはみ出したおじさんより、きちんとスマートな人の言うことの方が浸みる。ボクなんか有言実行だから、例えばウチのトレーナーたちはボクのことを信用しているし、ちょっと尊敬もしてくれているんですよ

 

  

ファッションの本質

この南原さんの言葉の中にファッションの本質があります!

その本質とは、

①カッコいい人は何を着てもカッコいい。安物も高級ブランドに見える!

②スタイルの悪いデブ用の服などない!

の2点に集約されます。

 

①についてですが、人が服を見るとき、服だけを見るわけじゃありません。

服が棚に畳んであったりハンガーに架っていたってそんなにかっこよくないでしょう(笑)

服は服だけでかっこいいわけでなく、人が着てはじめてカッコいいものなんです。

南原さんの5000円のジャケット、すごく高級品に見えますよね?

ちなみに南原社長の体型はこれです。
nanbara2

やばいですね~バキバキ!

ちょっと前はこうだったらしいのでなおさらスゴイ・・
nanbara3
 

服の多くは「スタイルのいい人」が着てかっこいいように設計されています。

なので、実際に着たイメージを持たせるためにショップではかならずマネキンに着せてますよね?

世の中にデブのマネキンがありますか!?

デブ用の服のデザインに情熱を賭けられるデザイナーがいると思いますか!!?

(いたらごめんなさい・・)

自分がデザイナーならファッションモデルやそこまでいかなくてもカッコいい人に着てもらって服をかっこよく見せてもらいたいですよね?

 

 

ちなみに、最後の太字の文は私がいつも言っていることと全く同じですね。

美形はなぜ得をするのか?

同じことを言っても、容姿で説得力が違うんです。詳しくは上の記事でどうぞ。

 

ちなみに、南原さんの経営するスポーツジムで効果を実証するために自分のカラダで試したんですって。 いろいろすごすぎる。。

  

まとめ

ファッションに限らず、ビジネスでもどんなものでも結局持ちつ持たれつなんです。

自分がショボいのに一方的に服に引き上げてもらおうなんて虫が良い話はないんです。

 

「あのブランドの服さえ着ればかっこよくなるのに・・!」

debusu

それ勘違いですから~~!残念っ!!

最後に、南原語録を皆さまに捧げます!

・「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」という話は昔からある話だけれど、そういった意味で身体をきちんと作っていかないとすべてに於いてうまくいかない。

あるべき姿が人間として効率良くスムーズに動けるし、仕事もその方が的確にできるし、判断力も冴えてくる。

仕事が忙しいからトレーニングができないって言う人が多いけど、そんなのみんな嘘つきなんだよね。ボクなんか朝6時半からトレーニングしちゃうけど、ボクより忙しい人はそうそういない筈。

面白いことに、ウチの子会社の社員10人くらいに、店が暇な時にトレーニングをやらせたら、結果が出た者から出なかった者まで斜めに10人並ぶ訳ですよ。それで、結果が出なかったのは一番売れない営業で、逆に結果をバリッと出したやつは、どう見てもこいつが一番忙しいっていう社長。結局仕事ができる順に並んじゃう。

残念ながら見栄えも大事で、特に恋愛に関してはそれが言える。ある女性に対して、ボクの友達、ハゲ・デブだけどすごくお金を稼いでるからいいでしょ?って紹介しようとしても、ハゲ・デブは嫌って言われちゃうんだよね。でもスマートでカッコ良くて、ハゲは短くすればなんとかなるとして、スポーツマンでがっしりした体格で、そこそこ仕事もできるっていうと女性はみんないっちゃいます(笑)。

人間あるべき姿のスラッとしたちゃんとした逆三角形のボディを手に入れながら、仕事もちゃんとやっていく。そうすると着る物も変わってくるし、ライフスタイルも変わってくる。ぜひ一度チャレンジして欲しいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です