「透明感」を手に入れる方法

今回は美容のシーエムやサイトでよく聞く透明感についてお話ししたいと思います。

 

透明感があるとか透明感のある肌とか透明感のある人と言うように使われる透明感と言う言葉

 

当たり前に使っているこの言葉ですけれども透明感と言うのは具体的に何のことなのかわかっている人はそんなにいないのではないでしょうか?

 

まず透明感と言う言葉がどんな街に近いか連想する言葉を挙げてみたいと思います。

 

透明な

きめ細かい

なめらか

少年

少女

 

いかがでしょうか他にもあると思いますが、大体こんなところかと思います。

 

透明感を判断するときの1番重要な体のパーツといえばお肌でしょう。

 

お肌が白くて東名がかっていてきめ細かくなめらかで光をきれいに反射し少年少女のようであれば透明感は抜群だと言えるでしょう。

 

ではこれらの要素を妨げるものとは何でしょうか?

 

まず肌トラブルが道として挙げられます。

ニキビや吹き出物肌荒れ、蕁麻疹といったものはお肌を汚く見せてしまいますので、これらがある人のことを透明感があるとは言えないと思います。

また、歳をとってきてお肌のキメが荒くなったり、毛穴が開いていたり、毛穴が油で詰まってギトギトになっていたらそれも透明感があるとは言えなくなります。つまり、病気や清潔感がないことが、透明感を妨げる要素といえます。

このことから、透明感と言うのは実は健康を見極めるための要素ではないかと考えることができます。

 

その人が生物として健康であるかどうかや機能的であるかどうかということを見た目を通して判断するための機能が私たちには備わっている。

 

そしてそれを表すための言葉が透明感ではないかと考えることができるのです。

 

他にも健康や機能を表す言葉というのはたくさんあります。例えば、ハリやツヤと言った言葉やみずみずしいと言うような言葉がありますが、これらの言葉よりも透明感と言う言葉の方がより大きな概念を表していると言えます。

肌は健康状態を最もよく表すので、人は肌で判断するようになっているのでしょう。

 

美容に関する掲示板などを見ると、透明感が生まれつきであるとか遺伝であるとか私たちが努力でどうにもできない要素が大きいと書かれています。

 

確かに男性の肌と女性の肌を比べると、男性の肌の方が木目が荒く、脂性で、色黒に見える事は確かです。そのことから考えても単に肌の健康状態を同じように気をつけていても個人個人にも差があるということが考えられます。

 

ですが私たちが努力で変えられる部分もまた大きいといえます。先程言った透明感を構成する要素の1つ1つを改善していけば透明感を高めることが可能だからです。

 

例えば毛穴から皮脂腺を通して油が出てくると言う生理現象に気をつけていれば、食べ物の湯分を少なくするなどして顔から出る行分を減らすことができます。行分を減らす習慣を続ければ皮脂腺の機能が緩やかに低下していき、脂性が少しずつ改善していくことが期待できます。
するとニキビや吹き出物肌荒れといった他の症状も改善していくでしょう。じんましんやアレルギーといった要素は自分の体が何に反応してそういった症状に至っているのかを突き止めれば対策することもできます。

 

先程書いたように、男性と女性では肌質が異なります。

この差は、ホルモンの影響が大きいのではないかと考えることが出来ます。

睡眠や生活習慣に気をつけてホルモンバランスを保つことはもちろんですが、

まだ一般的ではない方法として、自分の血中ホルモン濃度を調べて、調整することも可能と言えば可能です。

 

肌のターンオーバーは1ヶ月ほどといわれていますので、

これらを本気で取組んで一年も努力を続ければ、理論上は別人のように変わることもできるわけです。

 

 

「新垣結衣」の画像検索結果

 

次に、肌以外の透明感についてお話します。

「透明感のある人」のようないい方をしますね。それは肌だけでなく人自体に透明感があるということですよね。

透明感のある有名人では、

綾瀬はるか さん、能年れな さん、zardの坂井泉水 さん、 なんかが代表格だと思います。

この人たちに共通するのは、性格や人間性に「ピュア」さや「純粋」さを感じるという点だと思います。

表情やたたずまいから読み取れるのですね。

 

分かりやすくするために「透明感」とは程遠い要素について考えてみましょう。

ベタベタ、ギトギト、ゴテゴテ、ギラギラ、臭い、黒い、着飾った、ワイルド などでしょうか。

これらを整理すると、「不潔」要素と、「装飾」要素に分けられます。

「不潔」⇒ベタベタ、ギトギト、臭い、黒い、ワイルド

「装飾」⇒ゴテゴテ、ギラギラ、黒い、着飾った

 

つまり、透明感とは清潔でシンプルだということになります。

このサイトのファンで勘違いしている人は少ないと思いますが、ここでの「清潔」というのは、単にお風呂にきちんと入るとか毎日下着を変えるという意味ではなくて、人間として生物として健康であるということです。

病原菌や細菌に侵されておらず、栄養や睡眠がタップリ足りていて、精神的にも充実しており、遺伝的な欠陥もなく、若さを維持している、ということです。

そういう人は必然的に生き方がシンプルになるので、清潔さとシンプルさを両立できるといえるでしょう。

逆に、清潔で無い人は欠陥を埋めたりごまかすために「ゴテゴテ、ギラギラ、黒い、着飾った」になりやすいので、

不潔さな人はますます不潔になるともいえます。

 

 

まとめ

「透明感」を手に入れるには、とにかく「生物として最高の状態」になることです。

化粧やファッションやその他の小手先では決して手に入らないからこそ、とても価値があるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です